ブライドルレザー

ブライドルレザーは大人を感じさせてくれる

ブライドルレザー

ブライドルレザー堅牢で渋い光沢が最大の特徴。
ココマイスターの皮革の中でも、とくに大人を感じさせてくれる皮革として人気です。

 

ブライドルレザーの“ブライドル”というのは、馬具という意味です。
ブライドルレザーは、手綱などの馬具として使用されてきた伝統ある皮革です。
手綱に利用できぐらい、堅牢で丈夫な革ということになります。

 

ブライドルレザーは馬具として利用するために、特殊な加工をすることで堅牢にしています。
牛革の中でも最も硬いショルダー部分を利用しており、完成までに約5か月を要する複雑な工程を経て加工しています。
ブライドルレザーの加工の最大の特徴は、革をロウ漬けにするということ。
ロウ漬けにすることで、革の繊維を引き締め、丈夫で堅牢な革となるのです。
ブライドルレザーの表面には白い粉のようなものが見えるのが特徴かつ魅力なのですが、革に染み込ませたロウが浮き出ているんです。
ブライドルレザーの白い粉はカビみたいに思う人もいるようですが、これがロウ漬けの結果であり、ブライドルレザーの渋さを醸し出しているんです。
好き嫌いが分かれやすい大人の皮革といえるかもしれません。

 

 

ブライドルレザーのさわり心地は?

 

ブライドルレザー

 

ブライドルレザーの最大の特徴は堅牢さ。
硬くて丈夫な肌触りとなっています。

 

ロウ漬けをしている影響で、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ている感じかも。
ブライドルレザーの革は、手に吸いつくような、多少の滑り感があるさわり心地になっています。

 

ブライドルレザーの表面のロウは、使用していくうちに深い光沢へと変化していきます。
使用すれば使用するほど、深い光沢へと変化していくので、長年使い続けていきたいと思わせる革ですよ。

 

ブライドルレザーの長財布について詳しくはココマイスターの公式サイトをご覧ください。

 

ブライドルレザー

 


ブライドルレザーは堅牢の渋さが魅力!関連ページ

マットーネ
ココマイスターでも人気のマットーネは、経年変化を楽しむことができる皮革です